【痩せたい方必見!!】ダイエットをする上で気を付けるべき事とは? Part2

加圧で痩せるダイエット方法とは

筋トレの種類の中には、筋肉に圧力を掛ける加圧ダイエットという方法があります。

体重を減らしたいと努力をされている方も増えてきている世の中で、加圧ダイエットはとても有効な手段と言えます。


スポンサーリンク



筋肉を加圧する事で敢えて運動の難易度を上げる事により、いつもと同じ運動をしていたとしても、より筋肉を刺激する事が可能となります。

ダイエットをする事と、筋肉を増やす事の間に、何のつながりがあるだろうと思う方も中にはおられるとは思いますが、筋肉はダイエットには欠かせないものなのです。

筋肉量を上げる事で体の代謝が良くなり、同じ運動をしていたとしても、消費されるカロリー量がアップします。つまり、筋肉が多く、代謝効率の高い体になっておく事で、運動によるダイエット効果が実感しやすくなります。

筋トレをする時に加圧しておくと、筋肉が増強されやすくなりますので、ダイエットに適した体質になる事が出来ます。

具体的な方法は、専用のベルトを、腕や足の筋肉など、圧を加えたい部位につけて運動をするという内容になります。

血液の流れを一時的に滞らせながら運動をする事で、加圧ベルトを外した瞬間に、勢いよく体の隅々にまで血液が流れるようになります。

美肌効果や、アンチエイジング効果も、加圧トレーニングにはあると言われています。その理由は、加圧状態にする事が、ホルモン分泌を刺激するためです。

逆に、加圧ダイエットで注意すべき点は、トレーニングの仕方や時間が第一に挙げられ、ただただ圧を加えながらトレーニングするのは痩せるという事に繋がりません。

専門家としての知識をきちんと有していない人が、加圧トレーニングをすると、逆効果になる事もあります。

加圧トレーニングについてよく知っている人にチェックして貰いながら、運動に取り組まなければ、ダイエットがうまくいかない事も考えられます。


スポンサーリンク


脚やせダイエットをする前に

特に女性に多いかと思いますが、脚を引き締めるためにダイエットをしているという人は少なくありません。

まずは、なぜ今、自分の脚が太くなっているかを理解する事こそが、ダイエットを成功させる糸口になります。

脚ダイエットを成功させるためには、要因を排除する事を深く考える必要があるためです。いつも姿勢が悪い人は姿勢が原因で脚が太くなっている事があります。姿勢が悪く骨盤が傾いていると下腹が出っ張りお尻も下がります。膝にかかる負荷も大きくなるため、脚のラインも歪みます。

背筋を伸ばして骨盤にかかる重心を調節し姿勢を良くする事は、脚ダイエットでは重要な事です。脂肪のせいではなく、むくみで脚が太く見える人もいます。

体内の塩分が多かったり、血の巡りが悪かったり、筋肉が弱っている時に発生します。

脚がむくみによって太って見えていたというのであれば、血流を改善させてむくみ対策を行い、脚を引き締めましょう。

脚が太いのは、セルライトができているからという人もいます。セルライトというのは皮下脂肪が要因とし血流やリンパの流れが悪くなることでもたらされる複合的な症状です。脂肪組織が凝り固まっ出来ているものなのです。

セルライトは、脚が太くなる理由が長年積み重なっていたという人に特に多いと言われています。脚にできたセルライトを取り除くことは難しいですが、ダイエットのためにセルライトを何とかして無くしていきたいものですね。


スポンサーリンク



最後まで読んで頂き有難うございます。

今後も色んなジャンルで面白い記事を更新していきますので、是非、『シェア・いいね 』を宜しくお願い致します!

シェアする