【映画監督:園子温】心筋梗塞で病院へ搬送…嫁の名前は神楽坂恵!映画作品「冷たい熱帯魚」「恋の罪」とは?

大変残念なニュースが入ってきました。

2019年2月7日、映画監督である園子温さんが自宅で急に胸が苦しいと訴え、病院へ搬送されたそうです。

症状を確認したところ、心筋梗塞の疑いがあると診断されているそうです。

現在は重症という事で、安否が心配されますね…。

園子温さんとはどんな方か、知らない方もおられると思いますので、ご説明をさせて頂きます。


スポンサーリンク


プロフィール

「園子温」の画像検索結果

本名:園子温(そのしおん)

生年月日:1961年12月18日

出生地:愛知県豊川市

職業:映画監督

ジャンル:映画

活動期間:1985年~

配偶者:神楽坂恵

「園子温」の画像検索結果

映画監督として活躍されるまで

園子温さんは17歳の時に詩人としてデビューをされ、「ユリイカ」「現代詩手帖」に園子温さんの詩が数多く掲載されました。

「園子温 ユリイカ」の画像検索結果

その後、法政大学へ進学され、そこで8mm映画を手掛ける事となりました。

8mm映画や16mm映画というのは、「小型映画」というくくりであり35mmフィルムよりもフィルム幅が小さいフィルムを使った映画の事です。

25歳頃の、1986年には8mm映画「俺は園子温だ!」がぴあフィルムフェスティバルで入選しました。

「園子温 俺は園子温だ!」の画像検索結果

自分の名前をそのまま使うというシンプルで斬新なネーミングに驚きました。

その翌年の1987年には8mm映画「男の花道」でグランプリを受賞されました。

そして、1990年のぴあフィルムフェスティバルスカラシップに向けて制作した16mm映画「自転車吐息」は、何と30以上の映画祭で上映され、ヨーロッパやアジアを中心に2年間も公開が続く事になりました。

「園子温 自転車吐息」の画像検索結果

同作品でベルリン映画祭に正式招待もされました。

この時、園子温さんはまだ若干、29歳という若さのエリート監督という事になりますよね。

その後も映画監督として数々の名作を世に生み出し続けました。

最近で言いますと2015年に「新宿スワン」を公開』され、園子温さん史上最大のヒットを記録されます。

「園子温 新宿スワン」の画像検索結果

同年に「リアル鬼ごっこ」も原作から大胆にオリジナル要素を追加したと話題になりました。

「園子温 リアル鬼ごっこ」の画像検索結果


スポンサーリンク


嫁の名前は神楽坂恵!

2011年に園子温さんは、神楽坂恵(かぐらざかめぐみ)さんと19歳差という年の差婚をされております。

「神楽坂恵」の画像検索結果

まず、神楽坂恵さんのプロフィールはこちらです。

名前:神楽坂恵(かぐらざかめぐみ)

生年月日:1981年9月28日

出身地:岡山県

星座:てんびん座

血液型:O型

身長:158cm

特技:ピアノ、弓道、日舞

趣味:読書、映画鑑賞

「神楽坂恵 グラビアアイドル」の画像検索結果

神楽坂恵さんは、元々はグラビアアイドルでしたが、園子温さんの映画「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」にも、かなり大胆な演技を披露されておられます。

過去に偶然BARで園子温さんは神楽坂恵さんに一目惚れされ、「映画に出演して欲しい」とオファーをされたそうです。

その後、結婚をされたという事で、本当に映画とかはあまり関係なく、ただ単純に一目惚れをされたという事だと思います。

プロポーズの場所は、「リトル・ロマンス」という映画と同じように、ヴェネチアでゴンドラに乗り夕暮れの鐘の音を聴きながらだったそうで、とてもロマンティックな演出であったそうです。素敵ですね。

関連画像

映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」とは?

園子温さんで検索しますと、特に映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」というキーワードがヒットします。

園子温さんにとっても思い入れが強い映画であったのだと思います。

何と、このどちらの映画にも、神楽坂恵さんが出演をされておりました。

どちらの映画も体当たりな演技が評判を呼んだそうです。

【冷たい熱帯魚:2010年】

「神楽坂恵 冷たい熱帯魚」の画像検索結果

まず一つ目が「冷たい熱帯魚」ですが、こちらは実話を基にしたホラー映画となります。

グロテスク、暴力といったダークな場面もありますので、ご覧になられる方は要注意ですね。

その中で、神楽坂恵さんが演じたのは、社本熱帯魚店を営む店主:社本信行の妻・妙子役でした。

夫役であった吹越満さんとのラブシーンが濃厚であり話題になりました。

【恋の罪:2011年】

関連画像

こちらはお二人がご結婚をされた年に公開された映画のようですね。

神楽坂恵さんは、亭主関白な夫:菊池由紀夫に奴隷のように従わざるを得ない状況の妻:菊池いずみ役でした。

騙されAVにも出演されるという中で、夫に奴隷のように扱われている自分が解放されていくといったストーリーでした。

どちらも共通して言えるのが、結婚とタイミングが同じ時期であり、神楽坂恵さんが体当たりな演技をされ話題になったという事があげられます。

しかも、この2作品の演技を評価され、神楽坂恵さんはオオサカシネマフェスティバル2012、第3回ヨコハマ映画祭で助演女優賞を受賞されておられます。

つまり、色んな意味で映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」は思い入れが大きい映画であったのだと思います。

関連画像

結婚をされて8年という短い間で、心筋梗塞で倒れてしまった園子温さん…。

2019年2月現在、まだ57歳という若さです…。本当に心配ですね…。

早く元気に退院して頂けるよう、頑張って欲しいと思います!

関連画像


スポンサーリンク


シェアする